<   2008年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

残り物で

半年に一度の割合で無性に食べたくなるもの・・・お稲荷さん
f0156303_20402017.jpg

ちょうど、4枚入りのお揚げが冷蔵庫にあったので、それを煮て、久々に作ってみた。
中には玄米に古代米を混ぜた酢飯をつめて・・・
(半分はお揚げを裏返して、色の違うお稲荷さんにした・・・私って暇人!)
う~ん、しみじみ美味しかった!たくさん作りすぎたので、母にもお裾分けした。

もう一品、ほうれん草のオムレツ
f0156303_2043960.jpg

最近無駄使い防止のため、できるだけ家の冷蔵庫にある食材を
全部使い切ってから買い物に行くようにしている。
お肉や魚は生協でとっているのでそれでまかなって・・・
で、残り少なくなってきた冷蔵庫の食材の中で目に付いたのが、ほうれん草と卵。
トマトソースは作り置きしてあったものを再利用して。

火曜日に豚肉に塩をして、塩豚を仕込んでおいたので明日も買い物せずに、
それを使ってなにか温まるものでも作るとしよう。
[PR]

by anemonexs | 2008-01-31 21:07 | 料理
2008年 01月 30日

お汁粉

f0156303_22164915.jpg


この前のみぃの誕生日のときに、ダンナさんのお母さんが小豆をたくさん煮てきてくれた。
それを冷凍しておいたので、解凍してお汁粉にしてみた。

出産してすぐの頃、お腹が空いて仕方なかった。
朝からパンを3枚ぐらいぺろりとたいらげていた。
そのときも母がお汁粉を作ってきてくれて、おやつに毎日せっせと食べ続けたのを
懐かしく思い出す。
そもそも、私はあんこがあまり好きではなかった。
なのに憑き物がとりついたかのように、あのときは小豆が食べたかったのだ。

それ以来だから久々にお汁粉を食べたのだが、もうそんなに何杯も食べたいと思うほどの
執着心は湧いてこなかった。

あれ(出産直後の食欲)は、なんだったんだろう。不思議。
今は朝ごはんでさえ、あまり食べたくなくなってしまったのだが。
(体のために無理にりんごぐらいは食べるようにはしているけれど。)

甘いものには濃い緑茶を・・・
f0156303_22274628.jpg

[PR]

by anemonexs | 2008-01-30 22:28 | 甘いもの
2008年 01月 29日

ウォーターオーブン

我が家には、オーブンレンジがある。
このレンジは結婚する前からダンナさんが使っていたもので、
結婚した後も買い換えずにずっと使ってきた。

しかしこれがクセモノで、電子レンジ機能は問題なく使えるのだがオーブンの機能が壊れていた。
だから今まで、ケーキを焼いたりパンを焼くときは家で下ごしらえをし、
近所にある実家に持って行き、そこのオーブンを借りて焼いていた。

しかし、これも子供がいると面倒くさい。
仕込みをして、子供に出かける支度をさせ、実家にもって行き焼けるのを待つ・・・という行為が。

もう十分よく考えたし、今まで不便な中でよく頑張ったから
そろそろレンジを買い換えてもよいのではないか・・・そう思えるまでに6年以上かかった。

電化製品を買うのって、いやなのだ。
だって、高価なわりに買ってもそのものに対しては全然愛着もてないし、そもそも興味ないし。
ただの道具としてしか見ることができない。
それも使い込むほど味がでるような道具とは違う。
時間がたてばたつほど、ただ古びていき価値のないものになっていく。
そういうものを買うのって全然楽しくない。

でも仕方なく泣く泣く買った。せっかくなので、今はやりのウォーターオーブンを・・・
これからは家でピザも焼けるし、ケーキもパンも作れるし、元をとるまでとことん使いこなそうと思う。

さっそく、くるみとプルーン入りの・ソーダブレッドを焼いた。(かなり厳つい格好!)
f0156303_1322325.jpg


f0156303_13221985.jpg

お昼に食べた。昨夜の残り物(昨夜は母と酒盛りをしたので)の
ペンネとゴルゴンゾーラチーズをのせたパンと共に。左下のが、作ったソーダブレッドの切れ端。

思わず昨夜の残りのワインを飲みそうになったが、踏みとどまった。
[PR]

by anemonexs | 2008-01-29 13:32 | 料理
2008年 01月 27日

Irma Thomas

ちょうど熟れ頃のアボカドがあったので、豆腐とアボカドのサラダを作る。
塩と黒コショウとオリーブオイルをボウルに入れて、そこに崩した豆腐と
さいの目に切ったアボカドを入れるだけ。
盛り付けたあと、上に細ネギとプチトマトを散らして・・・

豆腐は水切りが面倒ならば、男前豆腐や波乗りジョニーのようにもともと水分があまりない
豆腐を買ってきて作れば簡単だし、ねっとりしていて美味しい。
f0156303_20305643.jpg


今日家の廊下で片づけをしていたら、映画で使われていた私の大好きな曲が流れてきた。
えー、なんで??と思って部屋を見るとダンナさんがレコードをかけているではないか。
「こんなレコード持ってたんだ・・・これ、私大好きな曲なんだよー」と言うと
ダンナさんはちょっとびっくりしたようだった。
長年一緒に住んでいるが、いつもかけているのはもっと違うジャンルの曲ばかりで
その間にこのレコードが家でかけられることはなかったのではじめて今日気付いたのだ。


ジムジャームッシュ監督の映画「ダウン・バイ・ロー」で最後のほうで
ロベルト・ベニーニとニコレッタ・ブラスキがこの曲で踊るシーンが大好きだった。
だれが歌っているなんというタイトルの曲か知らなかったが・・・。
でも今日めでたくそれが判明した。
これからいつでも好きなときにこの曲を聴くことができるのかと思うと嬉しくなった。


興味のあるかたは↓を。
Irma Thomas en Down by law
映画でも恋におちる役同士だったこの2人は、実生活でも結婚したそうだ。
なんかいいなぁ・・・
[PR]

by anemonexs | 2008-01-27 21:06 | 本・映画・音楽
2008年 01月 26日

トランスアメリカ

ダンカンタッカー監督の『トランスアメリカ』をDVDでみた。
f0156303_20194358.jpg


女性になるための性転換手術を控えた男性(ブリー)の前に、
ある日突然息子が突然現れる。
息子は、ブリーが男性として生活していた時代に、つきあっていた女性が
産んだ子供だったのだ。

そこから、2人の大陸横断の旅がはじまる。
ただしブリーは自分が本当は男でしかも父親であるということを、
息子に隠したまま・・・

ブリーを演じたのは、なんとフェリシテイ・ハフマンという女優。
女性が男性の役・・・しかも女装した男性の役を演じるのは
とても難しいことではなかったかと思う。
私はなんの予備知識もなくこの映画を観たのだけれど、この役を演じているのが
女性だとは全く思わないほどすばらしい演技だった。

最後のシーンはこれからのいろいろを予感させるとてもいいシーンだった。
なにかを乗り越えていく力・・・
ちょっとずつでも自分らしさに近づくために、前に進もうとする姿は
美しいと思った。
どんなときにもすこしのユーモアを忘れないことも大事だとも思ったし。

行き先なんて知らないわ
道のある限り前に進むだけ
ただの旅では終わらせない
私というパズルを完成させるため
歌に出てくる旅人のように
自分の居場所を必死で探してる
それはどこ?本当に見つかるの?
でも今はただ旅を続けるだけ

疑問は山ほど答えはほんの少し
でもいつかは真実を見つけたい
今は十字架にかけられているけど
復活したら新しい私になるの
神は理由あって私を創られた
贖罪の方法は人それぞれだから
神よ私を見守ってください。
何度も転びながら私は歩き続ける
今はただ旅を続けるだけ

エンドロールにながれるこの歌の詞が心に沁みた。
[PR]

by anemonexs | 2008-01-26 21:46 | 本・映画・音楽
2008年 01月 25日

パン、もしくはわんわん

お昼ごはんに
紫芋の炊き込みご飯、こんにゃくの炒り煮、ほうれん草のおひたし、大根とあおさのお味噌汁
を食べた。
f0156303_16583369.jpg

こんにゃくは、この前小川村に行ったときに道の駅で買ったもの。農家の人が作ったものらしい。
それをあく抜きしてちぎって醤油とごま油で味をつけてみたが、とってもおいしかった。
あおさは、食べる直前にお味噌汁にぱっぱといれて、あまりふやけないうちに食べるのが好き。

炊き込みご飯は、みぃにも好評で、お味噌汁とともにパクパク食べてくれた。

みぃは、まだほとんど意味のある言葉を言わない。
食べ物のことは、全て「パン」、実家の前に行くと「わんわん」(実家では犬を飼っている)と
言うことだけできる。
1日に30回ぐらい色んな絵本を持ってきて、読め読めとせがむ。
仕方ないので読んでやっていると、途中で違うことが気になりだしてしまって
本なんてそっちのけになる。
積み木ができるようになってきた。崩さずに積み重ねられると、嬉しいのか手をたたいて笑う。
私が本を読んでいる間も、手を叩いて喜ぶ。
この前は、お風呂で私が自分の体をゴシゴシ洗ってお湯をザバザバかけて石鹸を流していたら、
手を叩いて喜んでいた。お気に召していただけて、母は光栄です。
お湯のかけっぷりが男らしかったかな。

好きな食べ物は、煮込んだ大根、おやつで好きなのは干し芋・・・
結構渋いです。
得意なことはその場で何度もくるくるとまわる(ターンする)こと。
目がまわって、ふらふらになるのが楽しいみたい。
f0156303_19165897.jpg

f0156303_19171384.jpg

            写真は我が家のトイレの壁。あいかわらずなまま・・・
[PR]

by anemonexs | 2008-01-25 19:20 | みぃ
2008年 01月 24日

トマトソースのペンネ

昨日のチキンのトマト煮こみのあまりを利用して、トマトソースのペンネを作った。
ナスやきのこ、ピーマン、パプリカも煮込まれすぎて、原型をとどめないほどくったりとしている。
もちろんチキンのエキスもしっかりでていて、ちょっとリッチなトマトソースになった。
f0156303_20545093.jpg

ほうれんそうをちぎったものには、粒マスタード、しょうゆ、オリーブ油のドレッシングをかけて。

最近みぃが風邪をひいて、鼻水と咳がすごい。外も冷たい風と雪・・・
だからどこにも出かけず、家で過ごす毎日。
クリスマスにもらった蜜蝋のクレヨンで、紙になにかを書かせてあげようと思った。
太陽は赤。
人の皮膚の色は肌色。
空は青。
大人の勝手な固定概念を植え付けてよいのだろうか、とふと考えたら
お手本になにか書いてあげようと思ったけれど、なにを書いていいのやら、とっさにわからなくなった。
ただただ、意味もなくいろんな色で円を書いたり、まっすぐ線をひっぱったり・・・。
そんなことでお茶をにごした。
f0156303_20581171.jpg

でも、みぃはクレヨンはなにかを描くものではなく、食べるものと思っているみたい。
[PR]

by anemonexs | 2008-01-24 21:08 | 料理
2008年 01月 23日

チキンのトマト煮込み

一人暮らしをしていた学生時代、女友達の家に泊まりに行った。
この友達は高校の同級生だったが、私と同じく東京で学生をしながら
一人暮らしをしていて、うちから電車でなん駅かいったところに住んでいた。

その時彼女が晩ごはんに、チキンのトマト煮こみを作ってくれた。
小麦粉をこねてフライパンで焼く簡単なパンも
つけあわせに手際よくちょいちょいと作って。
このパンが、素朴な味でトマト煮こみにぴったりのやさしい味だった。

友達の手ぎわのよい料理に関心。
高校時代のときにはみられなかった一面を垣間見て、新鮮だったのを覚えている。
f0156303_203072.jpg


家でチキンのトマト煮こみを作るときにはいつも、このときのことが思い出される。
パンの味とともに・・・
f0156303_205949100.jpg

[PR]

by anemonexs | 2008-01-23 21:00 | 料理
2008年 01月 22日

豆乳プリン

f0156303_20192253.jpg

f0156303_20195155.jpg

f0156303_2020670.jpg

f0156303_20202265.jpg


豆乳プリン
ソースは黒蜜にしょうがの汁をしぼったもの・・・
[PR]

by anemonexs | 2008-01-22 20:27 | 甘いもの
2008年 01月 21日

旅の話など

土曜日小川村へ行ったあと友達と、母のやっているカフェで待ち合わせて会った。
いつものごとく私はギネスを飲む。
そのあとにパンペロアニバーサリオというダークラムをロックで飲む。
これは、ベネズエラ?かどこかのラムなのだけど芳醇な香りでずごくおいしい。
(是非、我が家にも1本購入しようと決意。)
f0156303_10255956.jpg


友達は、仙台の出身。
お正月は実家に新幹線では帰らず、新潟→山形を経由して電車でのんびり帰ったそうで、
その旅の道中の話などをほろ酔いで聞く。

実家への行き帰りの時間を単なる移動とせずに、毎回ルートを変えて楽しんでいる友人。
自分さえその気になればいつだって旅気分は味わえるのかも!

実家に滞在中花巻に出かけたそうで、宮沢賢治に由来する本にはさむしおりをもらった。
f0156303_1031526.jpg

本をよく読むのだけれど、しおりを持っていなかったので嬉しかった。

友達の話をきいていたら、無性にどこか遠くへ行きたくなってしまった(車でではなく)。

そうそう、パラグアイにいる私の父は、現在エクアドルへ旅にでているそうだ。
あちらは、今が夏休みなので・・・。
うらやましい!!
アルパカで作ったカバンなど、お土産を頼んでおいたがちゃんと買ってきてくれるだろうか・・・
[PR]

by anemonexs | 2008-01-21 10:43 | お出かけ